So-net無料ブログ作成

半世紀後の答え合わせ。 [21世紀]

40年後、21世紀の日本はどうなっているか?

今から半世紀ほど前の1960年、そんなことを書いた本が出版された。
しかも、出したのは科学技術庁! 

すでに絶版になっていたその本が、復刻版として日の目を見ることになった。




これは、当時の各研究機関の第一人者から集めた資料を基に、21世紀の日本の生活がどうなっているかを予想して書かれたものだ。

例えば、現在の日常生活に欠かせない携帯電話や電子レンジ。
これらの存在についても、この本ではしっかり述べられていて、読みながら 『ああ、当たってる~!』 とうなずいてしまう。

21世紀になって10年程が過ぎた現在、この本が書かれた当時の生活とは便利さが格段に違っているのは言うまでも無い。
果たして、半世紀前の人たちが未来にどんな夢や希望を抱いていたのかを、今と比べながら読んでみると、より感慨深く、今の生活の有り難みがわかるのではないだろうか。

そして、現在から半世紀の後、私たちの生活がどう進化し、変化しているのか・・・、そんなことも考えながら読んでみたくなる一冊だ。

ちなみに、この本の当時の企画立案者は、あの中曽根康弘元首相。
復刊にあたって、中曽根氏のまえがきが加わっているので、そこも忘れずに読んでおきたい。



第2部も復刻!
 ↓  ↓  ↓






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。