So-net無料ブログ作成
七草がゆ 由来 ブログトップ

七草がゆ 由来 [七草がゆ 由来]

七草がゆといえば、正月七日、つまり1月7日に食べる習慣のあるお粥ですね。
その由来は古く、平安時代にまで遡るそうです。

七草がゆの風習は中国から伝わったとされています。
1月7日、人日(じんじつ)の節句の朝に、7種類の野菜が入った粥を食べます。

七草には春と秋があり、春の七草は
すずな、すずしろ、せり、なずな、はこべら、ほとけのざ、ごぎょう 
この7種類を指します。

今では、八百屋さんで春の七草が七草がゆセットとして売られていたり、
レトルトの七草がゆがあるので自宅でも手軽に七草がゆを食べることが出来ます。



この時期に七草がゆを食べるのは、年末年始に食べすぎ・飲みすぎで疲れた胃腸を
休める意味もあるようですよ。
七草がゆ 由来 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。